2018年03月28日

W杯のメンバーを予想してみる。

発表は6月頭で、代表の試合はあと1回あるけど、今の所の予想を書いてみる。
もちろん調子や怪我もあるから、直前まではホントわからないけどね。


☆当確
GK
川島
中村

DF
長友
酒井宏
吉田
昌子
槙野

MF
長谷部

FW
大迫

怪我でもない限り、恐らく上記の面子は当確。
槙野はその中でも危ういほうだけど、他のCBの面子見る限りは大丈夫だろう。SB出来るし。
MFは長谷部以外は正直不透明だよね。FWもそう。大迫はまず外せないでしょ。


☆ほぼ確実
GK
東口

DF
特になし

MF
山口蛍

FW
原口
久保

少ない・・・。それくらいメンバー固まってない。蛍ですらギリこの枠って感じ。


☆当落線上
DF
植田
森重
酒井高

MF
柴崎
三竿
森岡
香川
井手口

FW
本田
宇佐美
小林
中島
岡崎

武藤

DFに関しては8~9人は欲しいので、当落線上=当確なのかも知れないが。
まあ植田か森重どっちかは落ちるかな? 右SBの控えがどうなるか分からんなあ。

MFは香川がどうなるか。リーグ終盤の出来次第だね。呼ぶべきだとは思う。
井手口も欲しいかも。あと三竿はこの2試合見てかなり使えると判断した。
柴崎も今後のリーグ戦次第かな。

FWは中島良かったよ。大分序列は上がったと思う。
問題は乾。確定してるから今回呼ばなかったのか、それとも・・・。絶対必要だからな?
武藤は欲しいんだよなあ。あと岡崎も。
個人的には大迫をトップ下に置いて、岡崎か武藤をトップに置くのが面白いんじゃないかと。


ということで、個人的に選びたいのは当確とほぼ確実の選手プラス、
植田、右SB(例えば西とか)、柴崎、三竿、香川、井手口、中島、乾、武藤、岡崎

かな。
サプライズで金崎とかあったら面白いけどなあ。あとは堂安とかね。

2018年03月19日

御殿場再び

どうも、下衆ブログでお馴染みの管理人、くろろです。
この前のアスリートの記事に対してルックスに点数つける下衆ブログと言われたのでw

人間、評価されるのは仕方ないことなのよ、ええ。
ルックスに点数つけるのも仕方ないこと、そう。喜々としてつけてるけど。


それは置いといて。

タイトルの通り、また御殿場行ってきました。2年ぶり。
この「御殿場再び」。ヒカルの碁のマネです。
「sai再び」というタイトルの話があるんですよ。このタイトルは痺れたね。
つーかヒカルの碁は個人的に漫画の中でトップ3に入る神作だと思うよ。

ヒカルの碁はさておき。


コーチからハガキが来て、アウトレットセール開催するでーって来たのよ。
今持ってるコーチのバッグも使い続けて5年経つのでそろそろ買い替えようと。

で、入間のアウトレットだと品揃えが悪いのよね。店員のルックスは入間が上
やっぱ御殿場アウトレットが最強だと。

んで、行くなら平日がいいなあと。
前回は土曜だったけど、雨の影響もあって幸いにも渋滞に巻き込まれずに済んだ。
しかし今回はそううまく行くとは思えなかったので、平日に行きたいと。

平日休み取れそうでアウトレットに興味ありそうなゆすくん誘って金曜に行ってきた。


まあ御殿場と言えばアウトレットと双璧を成す場所、さわやか!
前回は2時間待ちだったけど、今回は開店前に行って6番目に入れた。
開店直後で40組とか異常だろ。


ハイ大正義。2年前も似たような画像上げたけど気にしない。
美味すぎる。それに尽きる。


腹も満たしたところで、アウトレットへ。

時間に余裕があったので、気になるところを片っ端からのぞいてった。
気がついたら本命のコーチに行くまでに4店舗で買い物してた。
この時点でだいぶ満足してたんだが、こっからが本番。

コーチに入ると、今までのどの店よりも人がいてやっぱすげえなあと。
外国人が爆買いしてた。こういうところで潤うんですよね、お店は。

さっき書いたように目的はバッグ。
早速メンズバッグ売り場に行ったら、豊富過ぎてマジ目移りしてしまった。
アレいいな、いやアレもいいなとふらふら。30分ほど悩んで、2種類のバッグに絞る。

A.今と同じかちょっと大きめのショルダーバッグ。真新しいデザイン。値段高め。
B.今よりもちょっと小さめのショルダーバッグ。スタイリッシュな感じ。値段安め。

これはかつてないほど悩んだ。
中1の時にプレステかセガサターンどっち買うかくらい悩んだ。プレステ買ったけど。

両方実際に肩にかけたり、機能性を見たり、ゆすくんや店員さんの意見聞いたり。
Aはパッと見ちょっと大きいかなあと。その点Bはコンパクトで良い。
逆に容量はBが物足りない。常時入ってる財布やバッテリーなどを入れると、
あとはペットボトルが1本入るかなくらい。Aはもちろん問題ない。

普段バッグに結構物を入れるタイプのボクとしては、やはり容量重視かなと。
ということでAを選択。
あとは色だけど、赤茶、茶、青、黒の4色。
その内、あまりバッグの色で選ばない黒と今持ってるバッグと同じ色の茶は消去。
赤茶と青で選ぶわけだが、両方肩にかけてみて赤茶が見た目デカく見えたのよ。
あまりデカく見せたくないので、暖色系の赤茶ではなく、寒色系の青を選択。


なかなかいい値段でしたよ、ええ。今まで買ったバッグの中で一番です。
それでも定価の約68パーセント引です。(50パーの30パーの10パー引)
前回は40パーの30パーで58パー引だったけど、今回は割引幅大きかったなあ。

ゆすくんもコーチだけじゃなく、いい買い物してました。


ということで、また再来年かしらね?

2018年03月13日

近況。

冷静に考えて近況は今年初なのであった。いかんでしょ。


☆IIDX
ここ最近はあまり出来てないのよね。
そのせいもあってか、久々にやるとまあ押せない光らない。
簡単系は光らせることが出来るけど、穴クエあたりだと乱打でSLOWが出まくる。
単発だと光ってるので単純に譜面認識が遅れてるんだと思う。

もういい年だし、衰えが出てきてるのかねえ。
直近のプレイではスパルタでリハビリしてある程度までは戻せたけども。
昔と比べてプレイ時間が減ってるから衰えるのも致し方なし。


☆転勤
・・・はボクの話ではないんですが。
仲のいい女性の後輩が初の異動になってちょっと残念。
もう職場で競馬の話することはなくなっちゃうなあ・・・。
まあこの時期は仕方ないな。
不安なのは当の本人だし、こっちが落ち込んでても仕方ない。


☆花粉症
去年がラクだっただけに、今年はなかなかどうして手強い。
正直ここ数年はラクだったから体質改善されてんじゃねえかと思ってたんだが。
今年は久々にキツイね。それでも昔ほど鼻が詰まったりすることは減ったけど。

恐らく天気的にも今週がピークでしょう。あ、スギ花粉ね。
明日明後日は猛威を振るうであろう。花粉対策しておでかけください。


☆将棋
藤井四段改め五段改め六段の勢いがスゴイですね。
このままなら最速で5月あたりに七段になる可能性がある。速すぎィ!
竜王戦5組であと2回勝てば七段ですね。いけそう。

とは言え、若造にここまでいいようにやられていいのかという思いが結構ある。
特に二十代の棋士は意地でも藤井君を止めてやるという気概を見せてほしいね。

ところで叡王戦がタイトル戦になって初の決勝戦だが、
高見と金井という正直地味な面子でドワンゴは何を思う。
賞金が竜王名人に次ぐ3番目なので若手からすりゃ一攫千金的な。
段位別の予選なので意外と段位低くてもイケるんだろうな。


☆家ゲー
やるもんがねえ。
もう一度イースやり直してもいいとすら思うわ。
ウイニングポストでも買うかあ???
正直、配合理論が複雑でよくわかんなかったんだよなあ前回。


☆ロンダート
意外とムズい。特に床についた手で身体を起こすのがわからん。
ロンダートさえ出来りゃその勢いでバク宙は絶対できるはず。
うわぁがんばろう・・・。ビッグになろう。

2018年03月12日

実力とルックスを兼ね備えた女子アスリートは誰だ選手権。

平昌五輪も終わり、一息ついたところで。

前々から思ってたんよ。


実力とルックスどっちも持ってる女子選手って誰が一番なのか


と。
ということで、個人的な意見でランク付けしていこうかと。
ランク付け好きだなお前。

どういう風にランク付けするのかというと。

1.まず実力を実績でポイント換算する
2.続いてルックスを個人的好みでポイント換算する
3.この2つの合計でランク付けする

まず実力のポイント換算だが。10点満点で評価しようと思う。

10点=五輪金メダリストまたはその競技のトップ選手で、かつレジェンドクラス
9点=五輪金メダリストまたはその競技のトップ選手
8点=その競技の世界戦で優勝複数回
7点=五輪銀メダリスト、またはその競技の世界戦で優勝
6点=五輪銅メダリスト、またはその競技のトップクラス選手
5点=その競技の世界レベル選手

世界レベル選手より下の選手は実力的に兼ね備えてないので5点まで。
あと、個人戦以外の種目は若干ポイント下げたい。


で、ルックスのポイント換算だが。
10点=個人的に1番好きな選手
9点=それに次ぐ好きな選手
8点以下=10点と9点の選手と比べての差で点数付け

8点以下は大分アバウトになってるw
ルックスは点数つけづらいわな。


で、候補選手をあらかじめ挙げておく。

・高橋尚子
・小平奈緒
・高木美帆
・高木菜那
・荒川静香
・上村愛子
・木村沙織
・寺川綾
・岩崎恭子
・松友美佐紀
・石川佳純

こんなところっすかね。誰か忘れてる気もするけど、しゃあない。

まずは上記の選手に実力ポイントをつける。

・高橋尚子=10
・小平奈緒=10
・高木美帆=9
・高木菜那=9
・荒川静香=9
・上村愛子=8
・木村沙織=5
・寺川綾=6
・岩崎恭子=9
・松友美佐紀=8
・石川佳純=6

こんなとこか。
悩んだのは上村、木村、石川。
上村はメダルこそ獲ってないけど世界戦何度も優勝してるし、総合優勝もしてるので。
木村は銅メダリストであるけど個人だとまあこんなもん。
石川もそう。世界戦勝ってるけど、中国相手だとあまり勝ててないので。

次いで、ルックスの得点。

・高橋尚子=4
・小平奈緒=7
・高木美帆=5
・高木菜那=5
・荒川静香=4
・上村愛子=10
・木村沙織=9
・寺川綾=6
・岩崎恭子=7
・松友美佐紀=7
・石川佳純=5

難しい・・・。1番と2番はすぐ決まったけど、それ以下がなんとも言えん。

ということで、合計したランクは。

1位:上村愛子=18(実力8、ルックス10)
2位:小平奈緒=17(10、7)
3位:岩崎恭子=16(9、7)
4位:松友美佐紀=15(8、7)
5位:高橋、両高木、木村


ということで、上村愛子が18ポイントで優勝!
もちろん点数は何度も書いてるけど個人的なものなので、あしからず。
岩崎恭子が個人的ダークホースやったわ。


今後期待できそうなのは、

・池江璃花子(実力は底知れない。ルックスはまずまず)
・大場美和(発展途上だが、ルックスは最高。つーかボルダリングはレベル高い)


是非とも20ポイントとれる選手が出てきてほしいですね。

2018年03月01日

平昌五輪結果。

平昌五輪あっという間に終わりましたね。やっぱ五輪はいいもんだなあ。
ということで、予想と結果を。


金:4
銀:5
銅:4

予想だと金は4個前後と書いたけど、まあ予想通りでしたね(ニッコリ
見た感じ、銀を金に出来そうなのが2つ3つあったけど、相手も強かった。

羽生に関しては流石に圧巻の一言。
怪我明けであそこまで出来るとは正直思ってなかったわ。
SPの演技でまずネイサン・チェンにプレッシャー与えられたしね。
羽生の金メダルで一気に日本にいい流れが出来たね。

一番感動したのは、やっぱ女子スピードスケート500mの小平奈緒かなあ。
今までの経緯を知ってるので、やっぱり嬉しい。
人間性も素晴らしいし、非の打ち所がないアスリートだと思う。

盛り上がったのは女子カーリングですかね。
親しみやすい選手達で人気急上昇。銅メダル取れて本当に良かった。
マイナー競技なのでこれからもっと繁栄していくとエエね。

メダル獲得数が長野を抜いて冬季五輪最多になった。
スピードスケートが有数の強豪国になったのもあるし、
開催国が日本に近いってのもある程度作用しただろうね。
思ったほど韓国が邪魔してくるようなことはなかったのは良かった。
開催前に少し何かあったくらいかね。


スピードスケートが上り調子の反面、男子のジャンプは下り坂すなあ・・・。
あとはショートトラック系やボブスレー系が強くなれば。

しかしノルウェー強いよな。
フィンランドと似た所にあるのにどうしてここまで差がつくんだろう。


さて、次はいよいよ東京五輪ですね。
つーかあっという間だよな。ついこの前東京五輪に決まったばっかな気がするわ。
しかし五輪を東アジアで3回連続やってええんか・・・。
まあ五輪開くにはカネが必要やからなあ。


カーリングの漫画とか増えそうだな。調べたら1つあるみたいだけど。
昔、マガジンかどっかで天才スキーヤーの漫画なかったっけ?
あれなんてタイトルだったかなあ・・・。

(追記)
思い出した、スノードルフィンだ。あれ結構好きだったなあ。


ではまた。

最近のコメント

Recent Entries

  1. W杯のメンバーを予想してみる。
  2. 御殿場再び
  3. 近況。
  4. 実力とルックスを兼ね備えた女子アスリートは誰だ選手権。
  5. 平昌五輪結果。

かうんた~