2017年02月08日

スペシャルウィーク、種牡馬引退。

ということで、ボクの大好きな馬であるスペシャルウィークが種牡馬引退。
本当にお疲れ様でした。のんびりと余生を過ごしてください。


中学生の時にクラスで流行っていたのがPOG。
POGとはペーパーオーナーゲームの略で、デビュー前の馬を選んで
馬の勝ち鞍でポイントを競い合う疑似馬主ゲームのようなもの。

んでボクが選んだのはスペシャルウィーク。
サンデー産駒を選ぶのは当然として、母父マルゼンスキーは勝負強いので
コイツ選んだ記憶がある。
ネックは誕生日(確か5月)だった。ちょっと遅いのが気になったのは覚えてる。

んでそっからはデビューからずっと追いかけてた。
2戦目で地方馬に足元すくわれたり(騎手も弟の幸四郎だった)、
格上挑戦のきさらぎ賞で快勝したり、弥生賞で末脚炸裂して歓喜したのもいい思い出。

でもね、仮に2戦目勝ってたら次は共同通信杯の予定だったのよ。
この年の共同通信杯は大雪でダートに変更されてるんだよね。
しかもあのエルコンドルパサーもいた。2戦目勝たなくて良かったよね、運もあった。


とまあ戦績や乗った騎手なども空で言えるほど好きな馬なのよ。
東京2400なら歴代でもトップ3には入るはず。


種牡馬としては可もなく不可もなく。
牝馬はシーザリオとブエナビスタという化け物を輩出してるけど、
後継になる牡馬はトーホウジャッカルとリーチザクラウンくらい。
このあたりはライバルのグラスワンダーに負けてるな。
(グラワンは子のスクリーンヒーローからモーリス、ゴールドアクターを出してる)

リーチザクラウン産駒は初年度産駒が現3歳世代だが、重賞勝ってるね。
種付け頭数増えれば父系は存続出来そうな気もする。


ということでスペシャルウィークの動画貼っておきます。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

( fanfuncross はスパム対策の為コメント承認制です。管理人くろろんがコメントを確認して公開か判別するので、コメント反映まで少し時間がかかるので気長に待っててね☆)

comment form