2009年12月28日

プレミアリーグ前半戦終了。

今行われているハルvsマンUが終わると前半戦終了です。
数チーム試合消化が少ないですが、第19節まで終了。あと半分。


愛するガナーズは先程、目下絶好調のアストンビラと対戦。
前半最終戦にして最大の山場。

1試合未消化ながら得点数トップのガナーズ。
チェルシーやマンUを抑えてBIG43連勝中の失点数最小チームビラ。

分かりやすく「超攻撃チームvs守備堅牢チーム」。

結果。


アーセナル 3-0 アストンビラ


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

っしゃあああああああああああああああああああああ!!!!!
みたかコラァ!これがガナーズの実力や!
フルボッコやボケぇ!

でも前半まで0-0でやっぱビラ強かった。
しかし後半途中でセスク投入してからガラリ一変。
セスクがFK含め2得点とか神すぎる。

2点目の後に怪我が再発して交代。
途中から出てきて2点決めて去るなんてカッコよすぎるだろ・・・。
怪我が軽傷であってほしい・・・。

この試合で分かったこと。
・アーセナルはやっぱりセスクのチーム
・セスクは間違いなく世界で5本指に入る中盤のプレーヤー
・直接FKが途端に入りだすようになった(昨季は1本も入ってないのに今日と前の試合で2本入ってる。セスクが直接入れたの初めて見た)
・ディアビが覚醒しだした
・ソングは今季間違いなく覚醒した。今や欠かせないプレーヤー
・フェルマーレンは相変わらずいいDF。獲って大正解
・ウォル復調の兆し
・エドゥアルドまだ調子悪い
・ロシツキーはいつ戻ってくるのか
・3-0だけどそれほど力の差はないかな?4位なのは納得の強さ
・しかしそれほどビラに怖い攻撃はなかった


リバプールに勝ったときより嬉しいわ。負ける可能性あった相手に完勝だからな。


他の試合ー。

バーミンガム 0-0 チェルシー
プギャー。
チェルシー調子落としてきてる。これはチャンスだろ。
ここ5戦1勝1敗3分だぜ?

マンC 2-0 ストーク
監督代わって最初の試合でしたマンC。
マンチーニ怖いな。コレを機に上がってきそう。

フラム 0-0 トットナム
フラムのホームは独特の雰囲気があるので勝つのは難しい。
理想は負けて欲しかったが、まあ引き分けでもいいね。


順位表(今現在の順位。マンU戦はまだ入れてません)

1位 チェルシー 勝ち点42
2位 アーセナル 38(未消化1)
3位 マンU 37(未消化1)
4位 ビラ 35
5位 トットナム 34
6位 マンC 32(未消化1)
7位 リバプール 30

3位までCLストレートイン。
4位はCL予備予選。
5,6位はヨーロッパリーグへ。


ハッキリ言ってまだ優勝はどこもチャンスある。
そして4位以内もまだチャンスがある。

安定感からして優勝は上位3チームのどれかだと思うけど。
問題は熾烈な4位以内。
4位から7位まで勝ち点差5だからな・・・1つの取りこぼしが命取り。

興味深い事実が。


◆昨季 3月4日 第28節残り10試合
1位 マンチェスターU 勝ち点68 
リバプール 勝ち点58
『勝ち点差10』 
◆今季 12月27日 第19節 残り19試合
1位チェルシー 勝ち点42
リバプール 勝ち点30
『勝ち点差12』


昨季、リバポは残り10試合首位との勝ち点差10あったんですが、
最終的には勝ち点差2まで持ってきました。

それ考えると、残り19試合で勝ち点差12は昨季より全然可能性あるよな。
まあ・・・リバポは昨季の安定感がまるでないが・・・。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

( fanfuncross はスパム対策の為コメント承認制です。管理人くろろんがコメントを確認して公開か判別するので、コメント反映まで少し時間がかかるので気長に待っててね☆)

comment form