2009年06月23日

ウィンブルドン開幕。

フェデラーは順当に初戦勝利。ベスト8まではまあ楽勝でしょ。

ナダルが回避したので俄然グランドスラム優勝回数単独トップの可能性が!
これは期待したいですね。


このウィンブルドンの面白いところは、芝生のコートなので球足が速くて面白い。
見た目がキレイだし、見といて損はない。

更に面白いのが、「チャレンジ」というウィンブルドンならではのシステム。
これは際どいライン上の判定をカメラで判別するもの。


例えば際どいボールがあったとき審判が「OUT」と言ったらOUT判定。
なんだけど、納得がいかない場合は「チャレンジ」宣言してカメラ判定に移る。
簡単に言えば抗議みたいなもん。カメラで確認してくれよ、っていう。

hawkeye.jpg

ラインに少しでも触れていればIN。黒い跡がボールが地面に接地したところ。


通称「ホークアイ」と呼ばれるこのカメラ。
フェデラーがチャレンジすると大抵ハズレるから面白い(笑)。
フェデラーのチャレンジ、通称「フェデアイ」は精度悪いことで有名です。

去年の決勝は絶好調だったんだけどなあ(笑)。

このチャレンジも楽しみながらウィンブルドンを楽しみましょう。
地上波だとNHKで放送してます。決勝は生中継。


ちなみに去年の決勝は決勝史上最長試合になったので、
総合テレビから途中で教育で放送された(笑)。
録画してた人マジで涙目だったようだ。ボクは生で見てたからセーフ。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

( fanfuncross はスパム対策の為コメント承認制です。管理人くろろんがコメントを確認して公開か判別するので、コメント反映まで少し時間がかかるので気長に待っててね☆)

comment form