2008年06月10日

EURO2008、いきなり熱戦。

オランダvsイタリア。決勝カードだろコレ・・・それがグループリーグで見られるとは!


しかしアツかった。さすがにハイレベルで燃えまくり。
結局オランダが3-0圧勝。点差ほど差はなかった。つーか全く差はないと思う。


この試合、日本代表が見習うべき点がいくつもあった。
その中でも見習うべき点は、カウンター。

オランダの2点目、これはまさにカウンターの見本。あまりにもキレイだった。
日本の場合、セカンドボールをすぐにセーフティーに前線に蹴りだして相手に渡してしまう。
が、オランダはしっかり繋いで両サイドがしっかり走ってカウンターをかます。

こういうところを見習わないとダメだよ。ピンチとチャンスは紙一重だぜ?
セーフティーに逃げてばっかじゃカウンターなんてできやしない。


さて、イタリアが負け、オランダが勝ち、フランス・ルーマニアが引き分けたわけだが。
もちろんイタリアにもまだチャンスあるし、オランダも楽観視できない。
ただ、イタリアは次のルーマニア戦、必勝だぞ。
オランダは引き分けでOK。

フランスはやっぱりパッとしなかったなぁ。ベンゼマ頑張ってたけど。
やっぱトレゼゲ必要だって。フランスに必要なのはトレゼゲとかが持つ決定力。

ルーマニアは当然のように堅守速攻。相手が相手だしね。
引き分けは勝ちに等しい。3分けで突破する可能性すらあるぞ(笑)。
実際98年W杯のチリは、3分けでグループステージ突破してる。


面白い試合見せてもらった。寝よう。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

( fanfuncross はスパム対策の為コメント承認制です。管理人くろろんがコメントを確認して公開か判別するので、コメント反映まで少し時間がかかるので気長に待っててね☆)

comment form