2007年12月23日

久々に連続ドラマをまともに見た。

10月スタートして、この前終了した連続ドラマの

「医龍2」

が面白かった。


何年ぶりだろう、連続ドラマをまともに見続けたのは。
初回放送を見て、かなり面白かったので見続けました。

このドラマは前作見てなかったんだけど、見てなくても面白かった。
笑いはあまり(というか全く)ないんだけど、カッコイイ場面が多すぎる。
そして音楽がすげえ。ここまで音楽がカッコイイドラマはそうないんじゃないか?

阿部サダヲ演じる荒瀬がカッコ良すぎる。
「アシドーシスを補正するぅ。メイロン60ミリそっかんちゅうー(側管注)」

※アシドーシス:酸血症 メイロン:炭酸水素ナトリウム注射液
側管注:点滴(静脈)ラインの途中から注射


テンポがよくて見てて面白い。このドラマはテンポが命。
専門用語が飛び交って意味が分からないことが多いけど、逆にそれがカッコイイ。

阿部は天才麻酔医の役。
一目見ただけで体重が分かるという。
「久しぶりだな75キロ。1キロ痩せたぜー」 ←主人公に対しての発言

人を呼ぶのに体重で言うなw
それと、麻酔かける時にカウントするんだが、
「お立ちだーい。ひとーつ、ふたーつ、・・・、にゃにゃーつ、ハイ落ちたー」

にゃにゃーつを最初に聞いた時、思わず噴いた。


阿部以外のキャストもなかなかいい。
小池徹平:第一助手/パシリ/臓物移送係
佐々木蔵之介:内科医/解説

見てれば分かるが、佐々木はホント視聴者のための解説(笑)。
彼から良く聞く言葉は、

「~~~は、抜群に難しい」

抜群に難しい!コレ流行らそう。ばっつぐーん。X-GUN。嵯峨根。

今度医龍1を借りてこよう。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

( fanfuncross はスパム対策の為コメント承認制です。管理人くろろんがコメントを確認して公開か判別するので、コメント反映まで少し時間がかかるので気長に待っててね☆)

comment form